胃袋が小さくなった!?(47日目)

体重 105.0Kg (-10.5Kg)
体脂肪率 45.2%


近頃、お腹が空かないんですよ。
空腹が襲ってこないというか、「腹減った!」っていうのが、ほとんどありません。
食事しても「もっと食べたい」っていうのが無くなってきました。
これは、世に言う「胃が小さくなった」ってことでしょうか?(笑)

そもそも「胃が小さくなる」とはどういうことか。
いろいろ調べてみて、面白いことがわかりました。

日常的に食べる量によって、胃が極端に大きくなったり小さくなったりということはないそうです。
食べる量の多い人が多少大きい場合はあるようですが。
胃そのものが、収縮する機能を持っていますから、あまり大きさそのものに意味はないようです。

むしろ、習慣的に食事量が多いと、満腹感を感じにくくなり、結果として胃の限界近くまで食べ物を詰め込むことになるようです。
逆に習慣的に食事量が少ないと、満腹感を感じ易くなり、胃に負担をかけずにすみます。

ふと、思い出したのが、大食いでしのぎを削る「フードファイター」。
彼ら(彼女ら)は本番で沢山食べれるようにするために、試合前に数週間をかけて食事量を増やしていきます。
それこそダイキチですら唖然となる量を食べます(笑)
これは胃袋を大きくするというよりも、脳の満腹中枢を麻痺させるためなんですね。
うーん、健康には悪いよね(笑)

どうやら、カロリー制限生活に体が…というよりも脳が慣れてきてくれたようです(笑)
いいことです。
食事の量をかさ上げするために、低カロリーな食品を多めに摂っていたのですが、そうしなくても良くなってきたのかもしれませんね。

あ、ただしビールは「別腹」です(笑)


↓ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ人気ブログランキングへ
[ 2009/06/16 20:19 ] カロリー制限 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iceroadtrucker.blog40.fc2.com/tb.php/51-7cee25dd