ダイエット決意&準備編 その1

どうもダイキチです。
子供の頃からのデブ体型。
生まれてこの方30年以上もデブをやってます。
そんな状況なものだから、この体型がずっと自分的には標準体型。
会社の健康診断のたびに医者から「痩せましょうね」と言われるが、食事制限やダイエットなんぞにには興味ゼロでした。
自分の体型・体重を話のネタにするくらいの余裕っぷりでした。
実際健康には問題なくて、血液検査や血圧も異常な数値になることはありませんでした。
…この間までは。

ことの起こりは4月に入ってすぐ。
弟の結婚式出席のために実家のある北海道に帰省をしました。
式当日の朝、持参したスーツを着ようとしたのですが、かなりピチピチ。
昨年の10月に新調したばかりなのに…。
かなり焦りましたが、なんとか体をスーツに詰め込んで出発しました。
式では久々に会う親戚連中から予想通りの「太りすぎ」「痩せなさい」。
まぁ、これは帰省の度に言われているので気にも止めてませんでしたが、内容が今までと違う。
今までは「服困るよ~」「モテないよ」とか軽いノリだったのですが、今回は「病気してない?」「血圧は?」とか健康状態そのものを心配する声が…。
この時点で特に健康上の問題は無かったので気にはしてなかったんですがね。
久々の北海道を満喫すべく、披露宴でのフレンチから始まって、寿司、ラーメン、ジンギスカン、カニ、豚丼…ええ、それはもう存分に北の大地の恵みを堪能しましたとも。
書きながらヨダレが…。ジュル。

そんな帰省から自宅に戻ってみると、先日参加した献血の血液検査のハガキが来ていました。
高校時代からずっとやり続けている、数少ない社会貢献です。>献血
…あれ?
ハガキの数値欄に今まで観たこともない「※」印が。
ALT(GPT)の値が100IU/L。標準値は5~45IU/L。
「基準値からはずれているので医療機関での受診をお勧めします」

いままで標準値から外れたことがないのに…。
慌ててネットで検索して情報収集。
どうやら肝臓に問題が発生しているようだ。
近いうちに会社で健康診断があるから、その時相談してみることに。
素人が簡単に判断はできないが…脂肪肝か?
心当たりは死ぬほどある。それこそ文字通り。

ここに至って、久々に体重計を引っ張り出す。
最後に計ったのは、今年の2月で104キロだったはず。
恐る恐る体重計に乗ると「115.5キロ」…マジですか!?
一気に増えすぎでしょ?
翌日会社に備え付けの血圧計で血圧測定。
思いっきり高血圧領域ですよ。
やばい!これはやばい!
など思い始めた2日後、今度はぎっくり腰を発症。
2日に渡ってダウンする羽目に。
以下、這って行った病院で言われた医者から言葉。
「骨や関節は大丈夫ですけどね」
「腰回りの筋肉がダメージ受けたんですね」
「急に体重増えたりしました?」
ここ最近の経緯を説明すると、
「痩せましょう!」
と単純明快な回答が…。
「ゴルフできなくなりますよ」
そ、それはイヤだ。下手の横好きでも数少ない趣味なのに…。


↓ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ人気ブログランキングへ
[ 2009/04/23 20:42 ] ダイエット決意&準備編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iceroadtrucker.blog40.fc2.com/tb.php/1-058acc88