タフレースのあと(482日目)

体重 69.5Kg (-46.0Kg)
体脂肪率 16.0%


レース翌日の朝、筋肉痛ですぐに起き上がれませんでした(苦笑)
10Kmという距離を走って、これだけの筋肉痛になったのは初めてです(汗)
何とか起き上がったものの、下肢全体が痛いのなんの。
ついでに背中の肩こう骨周辺も(笑)

湿布を貼りまくって、何とか出勤したものの、階段の上り下りが辛くて大変でした。
それに普通に歩くことができなくて、ロボットみたいに動きになっていました(笑)
「どうしたの?(汗)」といろんな人に声をかけられてしまいました(苦笑)

こんな時に限って、社内を移動することが多い日で(汗)
それでも歩き回っているうちに、痛みが和らいできましたね。
夕方くらいには階段も、普通に登れるようになって、ずいぶん楽になりました。
2日たった今では痛みもすっかりなくなって、明日からは練習を再開できそうです(笑)

しかし、距離的には何の心配もなかったレースですが、アップダウンがきついだけでこんなに体へのダメージが違うとは…(汗)
筋力不足なんですかね?(笑)

ここで心配になってきたのが次に参加予定のレース「第1回富士・鳴沢紅葉ロードレース大会」です。
初開催のこの大会も「山日YBS富士吉田火祭りロードレース」と同様に大変なコースです(汗)
「富士山と紅葉を眺めながら、標高1,000mから1,200mのアップダウンを駆け抜ける、走りがいのあるコースです。」
なんてパンフレットに書いてあります(泣)
…練習を頑張らねば!(汗)

今回の「火祭りロードレース」の上位のリストを眺めていると会社の後輩の名前がありました。
彼は地元の自治体から海外レースに派遣されるほどの実力の持ち主で、周辺の大会では上位の常連です。
毎日、終業後会社の周りを走ってトレーニングしている風景は、すっかり名物。
彼もダイキチと同じ10Kmコースを走ったのですが、タイムは36分台!
ダイキチのタイムの半分ですよ(汗)

なんだか別次元の成績ですが、普段の努力をみていると納得がいきます。
やっぱり普段のトレーニングが大事なんですねぇ。
ダイキチは彼ほどの努力は無理ですが、自分なりに頑張っていきたいと思います(笑)
とりあえず次のレースも完走が目標です。

そうそう、ちょっと嬉しいことがありました。
彼はダイキチが競技場のトラックに戻ってきた時の姿を見ていてくれていて、
「いやぁダイキチさん、気持ちよさそうに走ってましたね!」
なんて言ってくれました。

自分としては実際には疲労困憊で、足を動かすことが精一杯の状態だったのですが(苦笑)
それでもこんな一言を言ってもらえると、自分が走ることを楽しめているのだなと再確認できます(笑)




↓ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ人気ブログランキングへ