スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイキチ流ダイエット(388日目)

体重 69.4Kg (-46.1Kg)
体脂肪率 19.4%


1年前のダイキチの体重は115Kg。
好きなものを好きなだけ食べ、運動とは縁のない生活でした。
服のサイズも4Lで「大きいサイズのコーナー」限定の服選び。
健康的にも問題山積で、高血圧に腰痛、肩こりに悩まされていました。
しかもALTが134(標準値5~45)、γ-GTPも81(標準値10~65)と肝臓も異常な数値。

「このままでは死んでしまう!!?」
そんな危機感からダイエットを始めました。

結果、今では体重は69Kg。
1年で46Kgの減量に成功しました。
服のサイズはMサイズに、健康診断の結果も全てが正常値となって念願の健康体に(笑)
その上ジョギングに目覚めてしまい、マラソン大会にも出場するようになりました。

20100430c.jpg20100430b.jpg
20100430e.jpg20100430d.jpg

まさに「世界が変わった」と実感しています。
運動の楽しさや健康のありがたさ、毎日のように新しい発見があって楽しくて仕方ありません。

20100430f.jpg

今、この1年を振り返って辛かったという思いはありません。
ダイエット中も楽しくて仕方ありませんでした。
面白いように減っていく体重。
どんどん軽くなっていくカラダ。
毎月のようにベルトを短くしたり、服を買い直したり。

もちろん、停滞期に気分が落ち込みがちになったりしたこともありましたが、今となってみれば、そういった記憶よりも楽しかった記憶ばかりが脳裏に焼き付いています(笑)

ダイキチにとっても初めてのダイエットで、まったくの手探りでした。
結果的にダイエットは大成功で、毎日のように「何をして痩せたの?」と人に質問されます。
でも、いつも上手く答えることができません(汗)

「○○○だけ食べる!」とか「×××するだけ!」といった分かりやすいメソッドがあったワケでもありません。

そんなダイエット日記なブログですから、初めてこのブログを読む人は、最初から一気読みする羽目になるようで…(苦笑)
「全部読みたいのですけど、記事の量が多いから大変です」なんてメールを頂いてしまいました(笑)
確かに記事数が400近いですもんね(汗)
今日は外は雨でジョギングにも行けず、ヒマしていますので、この1年のダイエットプロジェクトのダイジェスト版になるような記事を書いてみようと思います。
ダイジェストと言っても、結構な長文になると思いますので、常連さんは読み飛ばしてください(笑)




-----1.ダイエット1~2ヶ月目「迷走」-----

まずはダイエット本の大ベストセラー「いつまでもデブと思うなよ」を参考にしてダイエットを始めました。
「レコーディングダイエット」というヤツですね(笑)

毎日の体重と体脂肪の記録を録るようにして、1日のカロリー摂取量を1500~2000Kcalに制限。
ただ、摂取カロリーの制限だけでダイエットをすることに不安を覚えたので、出来うる限りの運動をと思い、ストレッチとウォーキンも始めました。
そのために4Lサイズのトレーニングウェアとシューズを買いました(笑)

201005023a.jpg

結構なお値段でしたが、ここで多少投資すれば、せっかくお金をかけたということが運動する理由付けになるかなと(笑)
その上に「半断食」といって1日18時間なにも食べない時間帯を作る健康法も取り入れました。
そうすることによって、長年負荷をかけ続けた胃腸を整えるというものです。
さらにカロリーカウンターを用意して、自分の運動カロリーをモニタリング。
そしてブログでのダイエット日記。

…いきなりあれこれやり過ぎでしたね(笑)
こんなダイエットなんて続くはずもなく(苦笑)
このままでは長続きできそうにないので軌道修正をしました。

まずレコーディングダイエットを止めました。
最初の1ヶ月で口に入れる物のカロリーをメモするのを断念しました。
さすがに細かく記録するのがきつくなってきたんですよねぇ。

でも1ヶ月もみっちりカロリー計算をしていると、料理を見るだけでおおよそのカロリーが分かるようになるんですよ。
このスキルを身につけたのが、ダイエットをするにあたって強力な武器になりました。
カロリーというもの自体がかなりアバウトなものですから、あまり綿密にカロリーを計算しても仕方ないんですよね。
ですから、大ざっぱに摂取カロリー制限が守れていればいいやと思うようになりました。

半断食も厳密にやろうとするとかなり無理が発生します。
カロリー制限をしている時点で、食事量自体が減っていますから、胃腸への負担はダイエット前よりは軽くなっているはずですから、これもやらなくなりました。

結局この最初に2ヶ月できっちりやったことは、以下の通りでした。
1.毎朝の体重と体脂肪率を測定して記録を残す(hakatterを活用)
2.毎日の摂取カロリーを1500~2000Kcalに制限
3.週2~3回のウォーキング(1回1時間程度)
4.カロリーカウンターで運動消費カロリーをモニター(これはカウンターを身につけるだけ(笑))

結果は、
1.体重が103Kgに(12Kg減)
2.血圧低下(最大血圧が160から140程度に)
3.1ヶ月半くらいで少ない食事量でもある程度満足できるようになる

こんな感じでした。
体重も二桁目前になって「これはいけるかも?」なんて感じ始めましたね(笑)



-----2.ダイエット3~4ヶ月目「停滞期」-----

ダイエット3ヶ月目、最大の難関は「停滞期」でした。
確かにきつかったですね(苦笑)
以前に比べて少ない食事でも満足できるようになったはずだったのが、猛烈な飢餓感が襲ってきました。
これだけでも大変だったのですが、1番きつかったのは精神的な焦りでした。
ちゃんとカロリーを押さえているのに、体重が全然減らないので、停滞期と分かってていてもやっぱり焦ってしまうんです。
焦ったところで何が出来るというわけではないのですがね(笑)
さらに梅雨の時期と重なり、思うようにウォーキングが出来なくなって、さらに焦燥感が強くなっていきました。

この停滞期にハマったのが「ダイエットフード」や「低カロリーフード」「ビタミンサプリメント」です。
それに「カロリー一覧表」作り(笑)
スーパーに行って片っ端からレトルトカレーのカロリーを調べて一覧表を作ったりしていました。
それにカロリーカウンターのデータや体重の推移を調べて、あれこれ考えてみたり(笑)

今から考えると、こうすることによって停滞期の不安と戦っていたんでしょうね(笑)
「これだけやっているんだから、そのうち体重はまた落ち始めるはずだ!」と自分に言い聞かせていたんだと思います。
今までの自分の努力を無にしたくないと言う気持ちが、ダイエットが挫折しにくくしてくれます。
やっぱり記録って大事です。

停滞期を抜けると、一気に体重の落ち始めました。
心からホッとしたのを覚えています(笑)

体重が二桁を切って、さらに体重が20Kg減になったあたりから、周囲が騒がしくなってきました(笑)
「ずいぶん痩せたねぇ」と言われ始めます。
この言葉がさらにダイエットのモチベーションを高めてくれます。
ダイエットプロジェクトが良いサイクルで回り始めました。

3~4ヶ月目やったこと
1.毎朝の体重と体脂肪率を測定して記録を残す(hakatterを活用)
2.毎日の摂取カロリーを1500Kcalに制限(カロリー調整に慣れてきてあまり苦労せずに制限できるように)
3.週2~3回のウォーキング(1回1時間程度)
4.カロリーカウンターで運動消費カロリーをモニター

結果は、
1.体重が92Kgに(23Kg減)
2.周囲が痩せたことに気がつき始める

この「停滞期」の山さえ乗り切れば、あとは突っ走るだけです!





-----3.ダイエット5~6ヶ月目「『大きいサイズのコーナー』脱出」-----

この時期になるとカロリー調整も慣れてきて、食べたいものは食べるようになりました(笑)
ガツンと夜にハンバーガーを食べたいなら、朝はお茶漬けにして、昼は軽く麺類というような感じです。
食べたいものを食べるために、あれこれカロリーを調整するのが楽しくなってきました(笑)
そうやって食べるご飯は、美味しさもひとしおです。
調子に乗って、あっちこっち食べ歩きまくりましたね(笑)

運動の方はすっかりウォーキングが日課になりました。
この時期になると体重も30Kg以上落ちているので、どんどんカラダが軽くなっていくのを実感できるようになってきましたね。
ウォーキング主体なのは変わらないのですが、部分的に軽いジョギングも織り交ぜるようになってきました。

そしてついに「大きいサイズのコーナー」を脱出して、普通のXLやLLが着られるようになりました。
これまでずっと服の買い換えを我慢していたので、持っている服はみんなダブダブです(笑)
とは言っても、まだダイエットプロジェクトは続きますから、ユニクロやアウトレットで買い物です。
それでも、「まずサイズありき」で服選びをしなくて済むようになったのは本当に嬉しかったねすね!

ダブダブの服を着るのをやめてXLサイズに服を買えた途端に、周りの反応が激変し始めました(笑)
「どうしたの!?(汗)」といった感じで、驚き声が上がり始めます。
そして毎日のように「どうやって痩せたの!?」と質問攻めに。
ふふふ…どうだ!!って感じです(笑)

この時期2回目の停滞期を迎えていましたが、まったく不安はありませんでした。
最初の停滞期を乗り越えられたことによって、今やっているダイエット法に確信が持ててきましたから。

5~6ヶ月目やったこと
1.毎朝の体重と体脂肪率を測定して記録を残す
2.毎日の摂取カロリーを1500Kcalに制限
3.週2~3回のウォーキングに部分的にジョギングを加え始める
4.カロリーカウンターで運動消費カロリーをモニター

結果は、
1.体重が85Kgに(30Kg減)
2.周囲が驚きの声を上げてはじめ、ダイエットに関する質問をされるようになる
3.「大きいサイズのコーナー」脱出!

もうダイエットが面白くて仕方なくなってきました(笑)




-----4.ダイエット7~8ヶ月目「ダイエット加速」-----

もう放っておいてもどんどん体重が減っていくような感覚でした、この時期(笑)
買い換える服はわざとワンサイズ下のものを買って、古くてサイズが大きい服は一部を残して捨てました。
自分を追い込む意味もありましたが、「どうせすぐ痩せるんだから」と考えるようになったんですよね。
実際、体重の減少幅は以前に比べれば鈍化しているものの、どんどん体型が変わっていきました。

会社の産業医の先生にダイエット内容を説明して、太鼓判をもらったのも嬉しかったですね(笑)
さらに周囲の人間の中から、ダイキチのダイエットに触発されてダイエットを始める人が出始めました。
自分のダイエットが他の人にも、良い影響を与え始めたのは予想外でした(笑)
それがさらに自分も負けないぞ!という気持ちにさせてくれます。
ダイエットの良いサイクルがどんどん加速していく感じです。

調子に乗ってカロリー制限をやめて、3日間暴飲暴食の限りをつくしてみたりもしましたね(笑)
結果はドカンとリバウンド(苦笑)
取り戻すのに半月かかりましたが、よい勉強になりました(笑)

河口湖マラソンを見て、自分の中にマラソンへの挑戦が頭をよぎったのもこの時期です。
運動はこの8ヶ月間ひたすらウォーキングを続けていました。
年末には河口湖1周ウォーキングにチャレンジ。
自分の体力の向上を確認したりして、徐々に感心がカロリー制限から運動によるカロリー消費へと徐々に変化し始めました。

7~8ヶ月目やったこと
1.毎朝の体重と体脂肪率を測定して記録を残す
2.毎日の摂取カロリーを1500Kcalに制限
3.週2~3回のウォーキング(河口湖1周にチャレンジ)
4.カロリーカウンターで運動消費カロリーをモニター

結果は、
1.体重が79Kgに(36Kg減)
2.ダイキチに影響されて、自分もダイエットを始める人が出始める
3.自分の体力に少し自信を持ち始める
4.油断するとすぐリバウンドすることを身をもって実感(笑)

そして2010年に入って最終的な目標を決定。
「ダイエット1周年までに70Kgを切る」ことと「河口湖マラソン出場」を目標に設定しました。
数ヶ月前の自分では考えられない目標で、達成の自信なんてありませんでしたが、心のどこかで「やれるかも」という気持ちもありましたね。




-----5.ダイエット9~10ヶ月目「目指せランナー!」-----

年が明けて2010年に入った途端に、興味は「ジョギング」「マラソン」へ一気に傾きました。
マラソン本ランニングシューズを買って、au携帯の「Run&Walk」を使った初心者向けのトレーニングを開始。
近場のマラソン大会にもエントリーをして、どんどん自分も追い込んでいきました(笑)
会社のフィットネスルームを初めて使ったのもこの頃ですね(笑)

カロリーを1日1500Kcalに押さえたままでは体力的な不安があるので、カロリー制限を少し緩和しました。
運動量が増えてきましたから(笑)
平日は1500Kcalで土日は2000Kcalという制限にしてみました。

この頃、ウエストが85cmを切ってとりあえずメタボ基準を下回りました。
メタボ脱出!とはいうもののまだまた目標には距離があるような感じでしたね(苦笑)

9~10ヶ月目やったこと
1.毎朝の体重と体脂肪率を測定して記録を残す
2.平日の摂取カロリーを1500Kcal、土日は2000Kcalに制限
3.週2~3回のジョギング(月間走行距離60Km)
4.カロリーカウンターで運動消費カロリーをモニター

結果は、
1.体重が75Kgに(40Kg減)
2.ウエストが85cmを切って、メタボ脱出
3.走れる距離がどんどん延びてきた

走る度にどんどんスピードも距離も延びてきて、走ることが面白くて仕方なくなってきました(笑)




-----6.ダイエット11~12ヶ月目「目標達成!45Kg減!69㎏達成!」-----

ランニング熱は下がることもなくついに月間走行距離が100Kmを超えました(笑)
そしてついにマラソン大会にも参加
10Kmのコースでしたが、気持ちよくゴールできました。
とにかく今は走ることが楽しくて仕方ありません(笑)

20100413j.jpg

ダイエットの方はBMIが25を切って標準域になりました。
目標の60Kg台は達成が微妙でしたが、最終日にギリギリで目標を達成しました(笑)
服のサイズはついにMサイズに。

正直、ラスト1ヶ月は「ダイエット」をしているという意識はほとんどありませんでした。
適度な摂取カロリーと、週に2~3度のジョギングによる運動。
こんないかにも健康的なダイエットが、当たり前の日常生活になってきているのだと思います。

11~12ヶ月目やったこと
1.毎朝の体重と体脂肪率を測定して記録を残す
2.平日の摂取カロリーを1500Kcal、土日は2000Kcalに制限
3.週2~3回のジョギング(月間走行距離100Km)
4.カロリーカウンターで運動消費カロリーをモニター

結果は、
1.体重が69Kgに(46Kg減)
2.BMIが23になり、標準域に到達
3.Mサイズが着られるようになった
4.10Km走りきれるようになった





-----7.ダイエットプロジェクト終了後-----

結局この1年ダイキチがやってきたダイエットというのは「日常生活の改善」ということだったのだと思います。
もっと効率的な方法もあったのかもしれませんが、手探りで始めた割には、なかなかの結果だと思っています。

ダイエットというのはシンプルで結局「摂取カロリー<消費カロリー」という原則につきます。
ですが1年間ダイエットを続けて、ダイキチには「こうすれば痩せる!」といったメソッド(方法・方式)を見つけることが出来ませんでした。
でも、気がつけば46Kg痩せていたんです。

最初に「何をして痩せたの?」と訊かれるといつも困ってしまうと書きました。
これは今でも変わりはありません。
必ず痩せる方法というのはないのかもしれません。
あるとすれば、自分が最後までやり通せるダイエット法が「必ず痩せる方法」なのでしょうね(笑)

そんなふうに考えるようになってから「どうすれば痩せられるの?」と訊かれたら、こう答えるようにしています。
「体組成計で体重と体脂肪率、カロリーカウンターで消費カロリーを毎日記録してください」

毎日自分のカラダを意識するというのが、ダイエットを始めるためにも続けるために必要なことだと思います。
「レコーディングダイエット」も突き詰めると、体重と食事を記録することを呼び水にして、自分のカラダに対する意識や気づきを高めるダイエット法なのだと思います。

でも、ダイキチは記録し続けることはできませんでした(汗)
食事のメモを取り続けるというのは、横着者には厳しかったです(苦笑)

ならばダイキチ流ダイエットは「体重と消費カロリーのモニタリング」です(笑)
この1年間のダイキチのダイエットできっちり記録が残っているは「体重・体脂肪率」と「消費カロリー」だけなんですよ。
結局、何かしらの記録を残し続けられれば、それがカラダに対する意識を高めて体重や健康を意識した行動をとるようになるのだと思います。

それに今はいろいろな製品が出ていて、体重を自動でネットに記録する体重計や、小型で使いやすいカロリーカウンターなどがあります。
こういったものを利用して、楽ちんにカラダのモニタリングを始めてみるのはいかがでしょうか?
そうすればダイエットのスタートラインに立ったも同然です。

モニタリングを始めてしばらくして、
「あれ?なんで最近体脂肪率増えているのにビール飲んでいるんだろ?」
「たまにはエレベーターじゃなくて階段で行くか」
なんて思い始めたら…。
それが自分にあったダイエット法への第一歩だと思います。

さて、話が長くなりすぎました(笑)
すみません(汗)

雨がやんだようなので、ちょっとジョギングに行って来ます。
しばらく雨が続きそうですから、今のうちに少し走っておかないと(笑)

では!





スポンサーサイト

↓ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ人気ブログランキングへ
[ 2010/05/23 20:02 ] ダイエット&健康 | TB(0) | CM(7)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。